マザーズバンドランラン
  ※閲覧にはパスワードが必要です。
メンバー専用アルバム メンバー専用掲示板
トップページ プロフィール 活動記録 訪問演奏予定 メンバー募集 講師紹介 リンク集 掲示板 お問い合わせ
愛知県 大学・職場・一般吹奏楽連盟 元顧問
平田 惣一
プロフィール
1951年
高校卒業と同時に新日鐵広畑に入社。(在学中は、吹奏楽部に所属)
1952年
兵庫県神戸市でトランペット奏者として、ビッグバンドに参加。
スイングジャズ、ラテン音楽に没頭。
1958年
新日鐵広畑に吹奏楽団設立のため、ビッグバンドを退団し、準備。
1959年
新日鐵広畑に吹奏楽団を結成。指揮者に就任。
1961年
社の命により、東京芸術大学で行われた全日本吹連による指導者講習で指揮法を、金子 登氏より指導を受ける。以後、指揮法については、竹本義弘氏(後の全日本吹連理事長)と竹本氏と親交のあった朝比奈 隆氏の助言を受ける。
1964年
四国の高松市で行われた全日本コンクールに進出し、秋山紀夫先生が率いるソニー吹奏楽団に敗れ、第二位(当時は一位、二位と順位がつけられていた)となり、会社の付託に応えた。
1967年
現在の東海市に製鉄所を建設するために名古屋に転勤し、直ちに結成されていた吹奏楽団の指揮者に就任。当年から県代表として東海コンクールに進出した。
1980年
2年間のブラジルへの技術協力のため、吹奏楽活動は中断。
ブラジル在住中は仕事と併せて、サンバ、ボサノバの楽しさの追求を行う。
1982年
帰国と共に、新日鉄名古屋吹奏楽団に復帰。この年より、常滑中学OB吹(現、常滑シンフォニックウィンズ)の指導を開始。
1987年
年度内諸行事終了後、新日鉄吹奏楽団を退団。県、大学、職場、一般吹奏楽連盟の発足の準備。
1989年
県、大学、職場、一般吹奏楽連盟発足と同時に、初代理事長に就任。
1993年
理事長就任中もバンド育成の意味から三菱名古屋吹奏楽団の指導が5年間続く。(東海吹奏楽コンクール出場4回)
1995年
理事長を後進に譲り、相談役(顧問)として連盟に残り現在に至る。
1999年
新日鉄吹奏楽団指揮者に復帰。
2001年
体調をくずし、全日本のコンクール出場を果たしたことを置き土産に退団。団創立時から指導してきた常滑シンフォニックウィンズも退団し体調の回復に専念し、一年間で復調。
2004年
東海市ジュニア吹奏楽団設立。初代代表となる。
2005年
常滑において、ビックバンド(あいちpops breeze)を設立し、練習に入る。
5月
マザーズバンドランランの講師となる。
Copyright(C) 2008 マザーズバンドランラン All Rights Reserved.
inserted by FC2 system